若白髪の対処法|普段のあることが原因だった?

若白髪の対処法|普段のあることが原因だった?

 

 

 

まだ20代・10台なのに鏡を見てみたら白髪がある!?なんて経験はありませんか?

 

それは若白髪と言うもので普段やっているあることが原因かもしれません。
ですので今回は今すぐにできる若白髪の対処法についてご紹介します。

 

 

 

若白髪の改善のために気を付けること

 

ストレス解消

 

ストレス解消につとめましょう!買い物やカラオケ、友達とのおしゃべりなど自分が楽しいことをするのが一番。
ストレスがあると交感神経が優位になって毛細血管が収縮して、頭皮の血行が悪くなってしまいます。
軽い運動や入浴もおすすめです。
全身の血の巡りをよくすることによって、頭皮にまで栄養が運ばれやすくなります。

 

気分もリフレッシュしてストレス解消にもなりますし、一石二鳥ですよ。

 

白髪を抜かない

若白髪はトータルだとなく、まばらにと出現します。
黒髪に含まれて白い毛。際立ったので抜きたい気持ちも感じられますが
、白髪を抜く事をスタイル化してしまうと、頭髪のボリュームが減少します。

 

白髪が発毛してくるのは毛根の問題。

 

白髪を抜いようがいまいが、変わらない毛穴からずっと再び白髪が生えてきます。

 

というのでは、白髪を抜くことを何度も実施し行なっていると、
再び毛穴から何回も髪の毛を抜くことだと言えるでしょう。 頭髪の頭部の肌には「発毛サイクル」と言われているものがあり、
「成育→止どまる→抜け落ちる」を規則通りのリズムで何度も実施しながら大きくなります。

 

しかしながら、発毛サイクルを軽視して頭髪を強制的に抜いていると、毛穴がより一層小っちゃくなり
、結果として頭部の肌の中に埋もれてしまい頭髪が伸びて来なくなってしまいます。

 

そのことに毛孔につよいショックを与えることになるということなので、
頭部の肌にもマイナス要因となってしまいます。

 

まさに毛が伸びて来なくなるのが毛穴1個のみならば気にならないではないでしょうか。

 

しかしながら白髪が一部で全力をあげて生えたり、長い期間にわたってみると、白髪を抜いていたスポットが薄毛になってしまうのです。

 

リアルで面倒をみているお客さんでも、若々しいころから白髪を抜いていたことでその他のスポットと見比べても薄れていってしまい、
ひどく悔しく思っている方がいます。 あなた自身もおんなじ気持ちで悲しまないよう、白髪を抜くのは止めるべきです。

 

どうしたって引っかかってしまうのであれば、ヘアカラーで白髪を染めましょう。

 

学生の方であっても、学業側に説明すれば若白髪を黒色で染めてOKだろう。
という学校も存在します。 将来の頭髪の為に、引き抜く以外の選択肢を考慮してください。

 

スマホを見過ぎない

 

スマホを見過ぎることによって目の疲れだけでなく、
頭全体や肩の筋肉が固まってしまい、頭皮の血行不足へと繋がってしまいます。

 

夜中までスマホを見てしまっていませんか?スマホの場合は画面との距離が近いので
よりブルーライトの影響を受けやすくなります。

 

特に暗い場所で使うと瞳孔が大きく開いて、
通常よりも多くのブルーライトを取り込んでしまうため避けるべきだと警告している研究も。
夜中にブルーライトを浴びると脳が覚醒して、
睡眠をつかさどるホルモンの分泌が抑制されることも証明されています。

 

寝る前にスマホをいじってなかなか寝付けなくなった経験がある人も多いのではないでしょうか。

 

睡眠の質が落ちてしまいますので、ベッドにスマホを持ち込むことは避けた方がいいでしょう。
頭皮を紫外線から守る最近の研究では、髪の毛に色をつける「メラノサイト」は紫外線の影響を受けやすいということが分かっています。

 

ブラックサプリex効果なし

page top