白髪が起こる習慣|あなたの普段のこんな行動が・・・

白髪が起こる習慣|あなたの普段のこんな行動が・・・

 

 

知らず知らずに夜更かしやっちゃう睡眠は、
自律神経を正常化し、心とからだのリズムを回復させる時間です。
自明のことですが、毛母細胞も良化されます。

 

それから再び、これまでなかった髪の毛が浮かんでいきます。

 

そして、22:00〜2:00の間は、副交感神経が優勢になる時間。

 

その期間に、細胞から不要物質が出ていき、栄養成分が入れられていくのです。

 

毛母細胞も大きく変動する時でもあります。その途中に就寝していない人は、
気を付ける必要があります。頭髪に悪影響を及ぼすだけでなく、からだの機能自体が鈍くなってしまいます。
「早く寝て早く起きる」は、理に適った生活習慣なのです。

 

タバコを吸う習慣がある人

 

タバコは血管を委縮させるため、身体内の血の巡りが悪化します。
これに付随して頭部の肌に至るまで血液が届かなくなり、
毛母細胞に栄養成分が波及しなくなるのです。
髪の毛の発育にたくさんの悪影響を齎してしまいます。
たばこには4000種類もの化学物質がセットにされていて、それ以外にタールなど、
200種類の数もの有害成分・発がん物質が入っているといわれているようです。

 

煙にもはいっているため、あなた自身でなく、周囲の人にも害を与えてしまうようです。
たばこは百害あって一利なし、です。「喫煙が良くないら飲酒もダメなの?」と考えられているかもしれませんが、
ごく少量ならばOK。お酒は血行を正常化してくれるので、1合=約200mlのであれば、 連日飲用してもOKでしょう。

 

野菜よりお肉が好み

 

野菜より肉類が好きといったあなたは、薄毛になってしまう傾向が大です。
肉類は高脂肪、高コレステロールの食べ物。好きこのんで食べ進めると血液中の脂質が数多くなり、
皮脂の分泌が行き過ぎてしまいます。皮脂が過多になると毛穴が一口に言うと、
頭髪の成長や今までなかった髪の毛が出てくるのをさし止める原因としてなってしまいます。

 

これ以外には、肉類を食べると、体内は当然の事、血管にも中性脂肪が留まっていきます。

 

そういった末、血管がやせ細って血流が悪くなって、毛母細胞など、体調のあちらこちら血液が拡がらなくなってしまいます。

 

元を正せば日本人は、脂分を分解する能力がほとんどないとされています。

 

肉類よりも、野菜を多くとってしまうように意識してください。

 

そうするためには、自炊が1番。「自炊は無理」といった方は、
ニンジンやホウレンソウを茹でるだけだとしてもOKです。

 

手にしてきたお惣菜やお弁当に、1品セッティングしプラスすることからスタートしてみましょう。

 

だからと言って、日常的にバランスのよいご飯をとらなくては……と、それに対してプレッシャーになってしまっていることも考えられます。
「前日はハンバーガーだったから、本日は煮魚定食にしよう」

 

「前の日食べすぎたから、本日は控えよう」というふうに、質・量ともに片寄らないよう、ほんのちょびっと気をつければよいのです。
ご飯は、髪はもちろん、体全体の体調を保つことに必要なとりわけ基礎的なこと。快適に考えて、常日頃から続けられるようにしましょう。

 

page top